加圧シャツQ&A|着たまま寝ることは可能?

加圧シャツは毎日、長時間着用するほど筋トレ効果があるといわれています。
だからこそ、夜の寝ている時間も着続けていたいという人が多くいます。

 

でも、気になるのが着たまま寝ることで体に悪影響がないか、ということ。

 

結論からいえば、24時間着用OKの加圧シャツがあるのでもちろんOKです。

 

ただしデメリットがまったくないわけではありません。
寝る時に着ることで得られるメリット・デメリットをよく理解してから着るようにしましょう。

加圧シャツを着て寝るメリット

加圧シャツ、着たまま寝ることって可能?|加圧シャツQ&A回答

 

加圧シャツはゴムより伸び縮みする「スパンデックス繊維」を含む素材でつくられています。
このスパンデックス繊維の効果で、ふつうに動くだけで軽く筋肉に負荷がかかり、筋肉をコツコツと鍛えることができます。

 

しかし、寝ている時は基本的にあまり動きません。
加圧シャツを着て寝ても、筋トレ効果はそれほど期待できないかもしれません。
ただ、加圧シャツは腹部に強い圧がかかる構造になっています。
加圧シャツを着て寝た人によると「寝る時に着ていたらお腹のポッコリが改善された」「ウエストにくびれができた」という声もあるので意味が無いとは言えなさそうです。

 

そして、加圧シャツの特徴として保温性が高いこともダイエット効果があると言われています。
加圧シャツを着るだけで汗をかきやすくなることから、寝ている間も新陳代謝がアップし、血行促進にもつながるようです。
睡眠時は代謝が落ちやすい時間帯。寝ている間も脂肪を燃やしてくれるのは大きなメリットです!

加圧シャツを着て寝るデメリット

加圧シャツには「苦しくて眠れなそう」というイメージがありますが、確かにそういう意見も多いです。

 

体の締め付けで寝れない


 

夏は暑くて寝れない!!


 

朝、起きたら疲れて取れていない気がする・・・


 

寝返りを打つことで体が動いて代謝が良くなりすぎる。
寝付く前に代謝が良くなりすぎてねれない。
こんな意見が多いようですが、そもそも人は寝る時に体温が下がることで深い眠りにつくといわれています。

 

全員ではありませんが、代謝があがり、体温が高くなることで寝つきが悪くなる人もいるようです(特に寝相の悪い人)。

 

そんな人は、代謝があがり過ぎない加圧シャツを寝るときに選ぶこともおすすめします。

24時間着るなら加圧シャツを使い分けよう

寝ているときは着続けられない加圧シャツには共通した特徴があります。
それは、シャツの加圧が強すぎるからです。

 

加圧シャツはいろんなメーカーから出ていますが、同じメーカーのものでも特徴が違うものもあり、商品によって着心地や効果に差があります。

 

筋トレ効果は欲しいものの、体を休める時間も欲しい。
そんな人は同じ加圧シャツを着続けるよりも、2〜3種類の加圧シャツを使い分けがオススメです。
例えば、起きている間やトレーニング中は加圧が強めの「金剛筋シャツ」を着てしっかり筋肉を刺激。
寝る時やリラックスしたい時は「マッスルプレス」などの弱めの加圧の加圧シャツを選ぶとよさそうです。

 

このように、シーンに合わせていろんな加圧シャツを使い分ければ、体にあまり負担をかけなくてすみそうです。

無理は禁物!眠れないなら着ないという選択もあり

睡眠時は無理する必要なし

いくら24時間着用できるとしても、加圧シャツを着て眠れなかったら逆効果です。
寝不足になれば筋トレどころではなくなりますよね。

 

そういう時は、寝る時だけ普通のシャツに着替えるのもアリです。

 

加圧シャツを初めて着ると最初は違和感があるのは当たり前。
だんだん体が慣れてくるので、無理のない範囲で夜も利用してみましょう。

 

また、夜用の最初から締めつけすぎない加圧シャツを選ぶ事も必要です。
まずは加圧シャツを着てみて、リラックスタイムに耐えられるかチェックしてみましょう。

自分の体験によるまとめ

無理をして加圧シャツを睡眠時に着る必要はありませんが、加圧シャツを寝るときに着るのはおすすめです。
睡眠時の代謝が良いと、成長ホルモンが活発になるので、筋肉が付きやすい体に。
そして、寝るときに代謝を上げる事はダイエットの成功の秘訣ともいえます。
それだけなく、加圧シャツを着て寝ることでうれしいのは起床時にもあります。
起きてすぐに姿勢が矯正されてるので、朝イチから背筋がピンと伸びます。
朝起きたときの気分が今までと全然違いますよ!


 
ホーム ダイエット 肉体改造 姿勢矯正