着るだけで疲れてしまう?|加圧シャツQ&A

着るだけで痩せる、ダイエットできると評判の「加圧シャツ」。でも「加圧」するシャツと聞くととても苦しそうなイメージがありますよね。
実際は着ると締めつけは感じてもストレスを感じるような辛さはないとのこと!ただ普通のシャツより疲労感を感じる人もいるようです。

実際着てみるとどんな感じ?

加圧シャツを着た時の口コミを集めてみました。やはり締めつけ感をみなさん感じているようです。

 

 

思っていたよりかなり小さいです。着るのも最初は大変でした。だんだん慣れますが最初は動きにくかったです。


 

着た時はチピチピだけど気持ちのいい圧迫感はあります。でも着たまま筋トレするとキツイ!


 

普通のシャツより動きにくいですね。筋肉を意識して動けば効きそう。


 

いつもより疲れるかな?でもだんだん慣れてきます。


 

意外とあったかいです。冬はいいですが夏はきびしいかも。でも痩せる気がする。


 

加圧シャツと普通のシャツの大きさを比較

加圧シャツの実物を見た人は、かなり小さくて驚く人が多いようです。ただよく伸びるので、サイズ選びを間違わなければフィットします。気持ちいい締めつけ感があるものの、動くことで筋肉に効くので疲れを感じるという声も多いです。

 

そして加圧シャツの意外な特徴が「温かさ」とのこと。中には着ているだけで汗をかくという人もいます。代謝が上がり、ダイエットにはよい影響ありまくりですね。

どこに圧がかかっているの?

加圧シャツは強い圧で体(筋肉)に働きかける構造になっています。特に締めつけが強いのは次の2カ所です。

 

背中

背中上部は強い加圧がかかります。肩が後ろに引っ張られる力が働くので、自然に胸が開きます。 これにより猫背の人も無理なく正しい姿勢を楽にキープできます。

 

お腹

お腹部分も締めつける加圧がかかります。お腹がポッコリとした人もコルセットをしたようにスッキリしたシルエットになります。

 

加圧のしくみは、「スパンデックス繊維」によるもの。スパンデックス繊維は非常に収縮する力のある素材。よく伸びますが縮む力も強いのが特徴です。スパンデックス繊維が伸びたり縮んだりする時に筋力が必要になるので、筋トレをしているような効果が期待できます。

1日着た人の感想は?

加圧シャツには「24時間着用OK」のものが多く存在しています。実際に24時間着用は可能なのかというと、もちろんできます!

 

ただ、1日着続けているとやはりいつもより疲れます。

 

 

ふつうに生活しているだけでそこそこ疲れます。ちょっと運動した日みたいな感じですね。


 

お腹が締めつけられるので自然に腹筋に力が入ります。疲れるといえば疲れるけどお腹の肉に効果がありそう。


 

加圧シャツは体を締め付けることで動きが制限されます。つまり筋肉に自然に負荷がかかることで筋トレ効果が期待できるのです。
だから、むしろ疲れるのは筋肉に効いている証拠ともいえるでしょう。この疲れも続けていくことで筋力アップするので疲れにくくなっていきます早くそうなれるように頑張りましょう!

毎日加圧シャツを着ないとダメなの?

加圧シャツは毎日着るのがベスト

 

特にまだ筋肉がついていない使い始めはできれば毎日着用するのが理想です。
「加圧シャツ=筋トレなら毎日必要ないのでは?」と思うかもしれません。たしかに筋トレは毎日すると逆効果になってしまうので筋肉の回復のために休む必要があります

加圧シャツを着用し自宅で筋トレ

 

一方、加圧シャツはコツコツ筋肉を動かします。普通の筋トレのように筋繊維を破壊するほどハードではないので、毎日着ても問題がありません。しかも筋トレのようにハードルが高くないのでストレスなく利用できます。

 

ただ最初は無理しないこと。特に寝る時や休息している時、食事会などの時に着用すると苦痛に感じることも。
体を休めたい時、リラックスしたい時に加圧シャツがストレスになるなら、その時だけ普通のシャツに着替えるのもアリです。

 

たとえば、会社に行く時やジムに行く日は加圧シャツ、寝る時は普通のシャツ、食事会など食べることを楽しむ時は普通のシャツにするなど、メリハリをつけて体への負担やストレスを回避しましょう。慣れてきたら少しずつ着用する時間を増やすといいですね。

自分の体験によるまとめ

加圧シャツは体を締め付ける機能が高く、普通のシャツを着るより負荷がかかるのでやや疲れやすくなります。

 

でもその疲れは筋肉に効いている証拠。着続けていれば慣れていくので、加圧シャツを着る習慣がつけばしめたもの!正しい姿勢もゲットできるから見た目が気になる人にもおすすめです。
時間がなくて筋トレできない人も、加圧シャツで1日生活してみると思っていた以上に筋肉を使っているのを実感できるでしょう。


 
ホーム ダイエット 肉体改造 姿勢矯正